キマの特徴|健康維持食品キマの販売なら株式会社アーサーメディカル

会員ページ

キマの特徴

キマ茸とは

キマ茸とは

キマとは、アラビア半島に拡がるシリア砂漠の地中に生息する特殊なキノコです。その自然での生育条件は、灼熱の太陽が照りつける小石がごろごろしているような荒涼とした砂漠に、4~5年に一度の雷を伴う10ミリ以上の雨が降った後のみ地中に生えるという大変珍しいものです。
このような特殊な環境にしか生育することが出来ないために、原産地においてさえ「幻のキノコ」といわれています。

キノコ類の中では高級トリュフの仲間に属し、砂漠のトリュフとも呼ばれています。
かの地ではラクダが探しだし、人知れず食して過酷な生活条件下の滋養源としていると伝えられてきました。また、砂漠で羊を育てて生活する遊牧民からは、「神からの贈り物」として宝物のように大切にされてきました。

キマの作用

免疫力の活性化

免疫力の活性化

キマが持つ生体防御として、キーラー細胞活性、マイトジェン活性、血小板凝固阻止活性、マクロファージ活性、補体活性などの免疫活性があります。この免疫活性が、人の免疫機能や生体生理調節機能を促し、疾病の防御や治癒効果へと繋がります。

美肌効果

美肌効果

キマは、微量成分の栄養代謝による皮膚面内外の活性化、免疫系の刺激とその働きによる皮膚面の炎症治癒、消化管の正常化による代謝循環の回復と体調の改善、内分泌器官への刺激によるホルモン系物質の分泌などの作用があります。この作用により、肌への良い効果が期待できます。

アトピー・花粉症の悪化を防ぐ

アトピー・花粉症の悪化を防ぐ

全ての茸に含まれている成分を比較し、ベータDグルカンやグライコプロテインが最も含有されている茸がキマです。花粉症には、免疫力ではなく免疫のバランスが必要とされており、血液の白血球の中にあるヘルパーT1とヘルパーT2の細胞のバランスが花粉症やアトピーの悪化を防ぎます。

キマの成分の安全性

キマは漢方のように、自然のもので作られています。キマはキノコの仲間です。食材としても古くから食されており心配はありません。また、添加剤も自然物のみで化学物質は使用しておりませんので安心してお飲みいただけます。
食品安全センターでの検査において、すべての重金属は基準以下の量であり、その他有害物質などは検出されず、安全性が確認されました。また、財団法人日本食品センターにおいて、環境有害物質であるダイオキシン類の検定も行い、問題はないという結果が立証されました。
外観、味、匂い、硬度、乾燥減量の安定性も、㈱ケンショクホールディングの分析センターで行った結果、合格となっています。

ただし、アレルギー等の特異的な体質を持つ方は、ご注意ください。
湿疹などの副作用は、弊社のモニターテストで発生しないことが確認されていますが、体質によっては若干の湿疹が出る可能性は否定できません。その場合は、摂取を一時やめて様子をみてください。あまりひどいようであれば、別の原因による可能性も考えられますので医師の診察を受けてください。

栄養成分表示(100g中)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
406kcal 6.3g 4.3g 85.4g 48mg

多糖体中の保有率

ベータDグルカン 4%
グライコプロテイン 48%
アラビノキシン 22%

ページトップへ

キマについてのご質問・お問い合わせはお気軽に

【電話受付時間】 月曜日~金曜日 10時~18時